最近のトラックバック

フォト

« やっぱ好きやねん | トップページ | 古潭ラーメン »

2006年10月22日 (日)

回転すし「くら」

今日久々に「くら」で寿司を食った、結構美味い、もう回転ずしとバカに出来ない。“美味しければ高くても売れる”は時代後れ、美味しいのは当たり前、それが前提、問題は中身がその値段の価値があるかどうかと言う事。客が金を払ってそれだけの値打ちがあるかどうかと言う事。

くらは一皿100円、サラリーマンの昼飯などにうどんとかもある、すしだけでなくデザートが流れて来たり、子供向けに皿を何枚か落とせば、ガチャポンが当たるなど営業努力もしている。食って金払ってこの値段やったら値打ちあると客が思うから流行ると思う。

昔、発泡酒ホップスを初めて飲んだ時まずかった。これやったら少し高くてもビールやなと思った。しかし今の発泡酒や第三のビールは普通のビールの味とそんなに変わらない、つまり美味いという事、ビールとそんなに変わらん味なら発泡酒にするかっと人は思う、だから売れる。

“美味しいから高くても売れる”という時代は終わっている。

誰かに聞かせてやりたいよ。。。

« やっぱ好きやねん | トップページ | 古潭ラーメン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163021/12376515

この記事へのトラックバック一覧です: 回転すし「くら」:

« やっぱ好きやねん | トップページ | 古潭ラーメン »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

つれづれなるままヨさん

ラン仲間・木庭さんブログ

マニアックス 個性の強い愉快な仲間

無料ブログはココログ

ウェブページ