最近のトラックバック

フォト

« 似顔絵 | トップページ | カレーお好み焼 »

2008年2月23日 (土)

プロレスリング・ノアTheSecondNavig'08京都大会

ノアの試合はよくネットで見ている。でも生で見たいと思っていた。楢原を誘ったらぜひ見たいと言っていたんで、年が明けたと同時にネットでチケットを購入した。

KBSホール6時前到着、大きな会場ではなくリングが間近でエエ感じ。第一試合、百田・泉田VS川畑・平柳でスタート

さすがレスラーの体は出来ている、チョップやキック迫力が伝わってくる。第二試合、佐野・井上VSウィリアムス・太田、レフリー・マィティ井上

井上がレフリーに文句言いながら、「佐野さん!佐野さん!」と声掛けながらの試合。ネットでは伝わらない、おもしろくてうまい試合はこびだった。井上のような選手は必要なんだなと思った。

休憩が入り6人タッグマッチ、丸藤、杉浦、ヨネVS斎藤、KENTA、石森、空気がピーンとはりつめた。さすがと思う。セミファイナルは三沢、小川VS森嶋、谷口。登場と同時に仕掛ける森嶋谷口、来月のGHCヘビー、三沢と森嶋の前哨戦。しかし、見せ場はなく谷口が小川に丸めこまれてしまう。会場からは「ええっー」とため息。中途半端な試合やった。オレの思ってたストーリーは谷口が森嶋をアシストし三沢を追い込む攻撃、しかし、逆にキレた三沢が谷口にボコボコエルボーし、谷口を粉砕するというシーンやったのに。レフリーに抗議していた谷口が一番悔しかったんやろ。なにせプロとして見せ場もなく終わったんやから。谷口にとってこの試合は10番勝負より“試練”やったかもしれない。この悔しさをこれからの試合に生かして欲しい。

そしてメインエベントは小橋、本多、菊池VS秋山、志賀、金丸。小橋登場と同時に皆総立ち、大コバシコール。しかし小橋の胸板、腕の太さ、とても癌の手術をしプロレスに戻ってきたと思えない。生で見る小橋のチョップは痛快やった。そして試合を盛り上げた脇役は金丸と菊池。ジュニアの金丸はあえてチョップで小橋に立ち向かい、倍返しされる。菊池は秋山に逆エビを決められるがなんとかロープに逃げる。決まるなよっと、ずっと試合を続けて欲しい、みんなそう思ってたんちゃうかな。30分を越えるいい試合やった。

試合が終わり、最後、小橋が一人になりリングから降りた時、思わず前に行き小橋に触りに行った。癌に勝ったプロレスラー小橋建太にありがとういい試合をと無言で言った。

ただ写真だけはうまく取れなかったのが残念。

« 似顔絵 | トップページ | カレーお好み焼 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163021/40234462

この記事へのトラックバック一覧です: プロレスリング・ノアTheSecondNavig'08京都大会:

« 似顔絵 | トップページ | カレーお好み焼 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

つれづれなるままヨさん

ラン仲間・木庭さんブログ

マニアックス 個性の強い愉快な仲間

無料ブログはココログ

ウェブページ