最近のトラックバック

フォト

« 京都シティの受付 | トップページ | お疲れさまでした »

2008年3月 9日 (日)

第15回京都シティハーフマラソン

朝5:29家を出る、外は真っ暗、まだ夜中のよう。

京阪三条駅から都メッセに向って歩く、まだ京都の早春は寒い。

都メッセに着き、着替えて、前の道路で軽くアップ。8:30集合、でもここからスタートが長い長い。なかなか時間が経たない、10分前にトイレに駆け込んだのは正解やった。

昨年もそうやが人数が多すぎて、スタートしても前に進まない、スタッフの人から「バスに乗って帰ってきたらあかんでぇ」胸にグサリと刺さった。ダラダラ走りながら、御池通りを西へ、雲ひとつ無くいい天気になってきた。烏丸通りを北へ、先月プロレス・ノアを見たKBSホールの前を走る、5キロ30分。京都御苑に沿って走る、出町柳から鴨川へ。天気がいいので、スタミナを消耗するのか給水が気になった。

ところが、川沿いに下りるところの幅が狭すぎて全く動けなくなった、「どうなってんねん」「なんでや?」の声。やっと走り出し上がろうとすると又止まってしまった、計2分くらいのロスはあったと思う。10キロ58分。

宝ヶ池に向って走り、第四関門通過、折り返してたら、さっきの関門がちょうど時間で閉鎖になるとこやった。沢山のランナーがその場で止められていた。ヤバイ!アセッタ!

とにかく必死のパッチで全力で走る。なんとか第五関門を通過、時計を見ると10:30泣いても笑ても30分ですべてが終わる。給水もせずペースを落とさず走り続ける。後3キロ、2キロ、1キロ、誰かが声を掛けてくれた、ウッチーと和歌ちゃん、ありがとう!沿道から「後もう少し、ガンバレー」「お帰りー」の声が元気をくれる。赤い鳥居が見えた、大きく手を挙げ、ガッツポーズでゴール・イン。

ところが、ゴールして出ようとしてもまたまた出口が詰まって全然動かない、風邪引いてしまうわっと思った。

今年は道路の幅が狭く感じた。特に鴨川での下り上りの立ち往生は来年解消して欲しい。あの時間のロスで関門に引っかかった人は多いと思う。一生懸命走って関門に引っかかったならしゃあないけど、他の違う要因でそうなったら、すごく悔しく、やるせない気持ちでしょう。実際、動けないんで、コースを無視して走っている“違反”ランナーもいた。こんな奴が1人2人3人と増えていくような気がする。

小ちゃい事かもしれないが、運営サイドはこういう所も改善して欲しい。なにせランナーは前日受付という京都の経済効果に協力しているのだから。。。こういった事を見て見ぬふりしてたら、だんだん参加するランナーは減っていくであ、ろーむ。

自分が完走出来た事には満足している。でも、みんなが又来年、京都シティを走ろうと思うマラソン大会になって欲しい。

« 京都シティの受付 | トップページ | お疲れさまでした »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163021/40436073

この記事へのトラックバック一覧です: 第15回京都シティハーフマラソン:

« 京都シティの受付 | トップページ | お疲れさまでした »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

つれづれなるままヨさん

ラン仲間・木庭さんブログ

マニアックス 個性の強い愉快な仲間

無料ブログはココログ

ウェブページ