最近のトラックバック

フォト

« 晩メシの焼きそば | トップページ | 第15回共生共走リレーマラソン »

2008年5月23日 (金)

天国で逢おう

昨年の秋、飯島夏樹さんの本「ガンに生かされて」を読んだ。

なぜか最近ずっとユーチューブの「天国で逢おう」の飯島さんのドキュメンタリーをずっと見てて、又この本を読み直した。

共感する事、心を動かされる事、教えてもらった事いろいろあったけど、印象に残った一部分をこのブログに残したくなった。

人はどこまで相手の気持ちを分かってあげられるのだろうか。きっと自分があるうちは駄目なのだろう。自分自身が心の中から消え去ったときに、本当に相手の気持ちに立てる日がやってくるのかもしれない。そんなものになれたら・・・・・嬉しい。

“医者の卵”になって、多くの学びの時を与えられた。しかも、妻と一緒に成長できる。ありがたい。

病者はもろく、心が後ろ向きになりやすい。悲観的な心は骨を枯らす。

いつも前向きでありたい。倒れるときも前に向かって倒れたい。

今はゆっくり、ゆっくり、のんびり生きる。それが僕に与えられた生き方のようである。

=飯島夏樹著書「ガンに生かされて」から原文引用=

« 晩メシの焼きそば | トップページ | 第15回共生共走リレーマラソン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163021/41296451

この記事へのトラックバック一覧です: 天国で逢おう:

« 晩メシの焼きそば | トップページ | 第15回共生共走リレーマラソン »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

つれづれなるままヨさん

ラン仲間・木庭さんブログ

マニアックス 個性の強い愉快な仲間

無料ブログはココログ

ウェブページ