最近のトラックバック

フォト

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

退院

親父が脳梗塞で入院したのが3月24日月曜日、あれから5ヵ月経った。言語障害はまだ残るものの、右半分のマヒはかなり回復し歩けるまでになった。病院とは今月をメドに退院の話をしていた。

お世話になった看護婦さんにお礼のあいさつをして病院を出た。一度家に帰りスーパーに買い物が行きたいと言って又家を出る、歩く練習もせなと言っていた。生活に必要な物を買って帰り、お世話になっている隣のN村さんに退院の報告をする。

本人は家に帰っても落ち着かないのか、洗濯を始めたりしていた。

あっちゅう間の5ヵ月やった。。

でも、まだまだ不安はいっぱい。。

この先どうなるのやら。。。

2008年8月30日 (土)

かどやのマメ

かどやに来る客の大半は自分の食うパターンがある。アタクシが入るなりオオモリくん「オイシー」と言っていた。それから豚足食って、生キモ、最後は生センやが、社長が「今日はマメどうや?」と言うんでマメを食った。

豚足から入る人、生キモから入る人、それぞれいてはる。隣にいた人は焼鳥からやった。店員が勝手に注文しているのに笑顔でうなづいていた。静かに本を読みながら美味しそうに食べて飲んでいた。

この人はかどや常連の心得を知っている方やな。。

2008年8月27日 (水)

こまがわ商店街

前の会社にいた時、店長とウマが合わず、半年、工場へ飛ばされた。事務所兼工場に1ヵ月程いて、こまがわ商店街にある天ぷら屋兼工場に変わった。これから冬を迎えようとする時期やった。オッサンが毎日わめき、すり鉢にすり身入れて回したり、天ぷら揚げたり、しんどい毎日やった。あの会社は潰れたと人づてに聞いた。

あの天ぷら屋兼工場は今どうなってるんやろ?ふと見てみたくなった。

あの時と同じように阿倍野から近鉄電車に乗り針中野で降りる。昔通った記憶を呼び戻しながら歩く。そこには惣菜屋があった。ここなんかな?隣にあった万代百貨店は宅急便センターになっていた。万代の店員さんは「おはようございます!寒いですねぇ」いつもと声を掛けてくれた。向かいのパン屋は店内改装中と張り紙が付いていた、でもかなり長い日が経っているように見えた。パン屋の店長さん、毎日朝早くから出勤していた。そして夕方になると大きな声でパンを叩き売りしていた。この声のでかかったこと。

この当時、毎日天ぷらの売れた売上金を銀行に持って行っていた。どういった道筋で行ったのか全然覚えてない。何回も歩いていた、なんとなく覚えのある電気屋、魚屋、ハンコ屋があった。毎日ここ歩いてたんかな。。

又店のあった所へ戻ったら惣菜屋の前にある小さな台車に“Dフーヅ”と書いてある、ここやったんや。。

店内をのぞいたら、あの時の社長らしき人が厨房にいた。。。

2008年8月24日 (日)

まぼろしの駅

阪堺電車の東玉出駅と天神の森駅の間、高野線の高架下辺りにまぼろしの駅がある。ネットで調べたら「宮ノ下停留所」として昔は存在したらしい。

上が恵美須町行き方面、下が浜寺駅前行き方面。

昔はこの駅までの電車もあったそうな。。

2008年8月23日 (土)

にんにく胡麻油たれ

以前、注文間違えてころろんを食べてもらったオオモリくん。豚足食っていっぷくしてたら「生キモですか?」と言ってきた。うなづくと横にいた社長はにんにく胡麻油作って出してくれた。

店員は客がどういうパターンで食うか覚えるようにしている。これもかどやのこだわりのひとつ。

2008年8月20日 (水)

大阪球場の思い出

Osaka134_9ただいまより7回ウラ、ラッキーセブン、南海ホークスの攻撃です。そのアナウンスと共に流れる応援歌。

グランド照らす太陽の 意気と力をこの胸に

野球に生きて夢多き 南海ホークスさあ行こう

ああ 金色の 羽ばたきに

そらに鳴る鳴るひるがえる勝利の旗

ホークス ホークス 南海ホークス♪♪

同時に笛、太鼓で三三七拍子、大きく振られるホークスの旗、舞い散る紙吹雪。

小学生の時、南海ホークス子供の会に入っていた。入会すると年10試合ぐ゛らい内外野でただで試合が見れた。当時はダブルヘッダーがあり、昼間の第一試合よく見に行った。

今はどのチームもドーム球場を使うが、大阪球場は比べてかなり小さい。それゆえ南海の投手は細心の注意を払ったという。杉浦、皆川の制球力はグランドの狭さに培われたとWPにある。スタンドは急傾斜ですりばち型の球場やったが見やすかったと思う。

当時の南海のスターティングメンバー

1番 サード     藤原

2番 セカンド    桜井

3番 レフト      門田

4番 キャッチャー  野村

藤原は“シブい”バッターやった。今のプロ野球にこのタイプはいない。そしてなんちゅうても、監督であり4番を打つ野村の存在。すごい人やった。あとあと野村さんの本をよく読んだが単に投げて打つ野球ではなく「考える野球」やった。その影響を受けスコアーブックの書き方を覚え、NHKのプロ野球見ながら、スコアーブックつけたりした。(でも今は全て忘れた)

当時は阪急ブレーブスの黄金期やったが、南海も常に優勝を争える位置にいたと思う。パリーグが前期後期に分かれた時、南海ホークスがリーグ制覇した。しかし、野村監督が解任されてからの南海ホークスはころがるように弱くなっていった。野村監督のいない南海ホークスなんて見る気もせず、大阪球場にも行かなくなった。

ホークス子供の会でもらったパンフの表紙に野村監督と阪神からトレードで来た江夏が握手してたのを覚えている。当時のピッチャーは先発完投が当たり前、江夏はなかなか結果が残せなかった。そんな時、野村監督は江夏にリリーフ転向を勧めた。拒む江夏に野村監督は「野球界に革命をおこそう!」と言ったという。リリーフエース、守護神、火消し役、今のプロ野球、この人材がいるかいないかで優勝を左右すると言っていいくらいの存在である。リリーフエースになった江夏はその後、いろんな球団で大活躍した。代表的なのは広島時代、近鉄バファローズとの日本シリーズ最終戦「江夏の21球」。あの場所も大阪球場やった。こうして野村監督・江夏のバッテリーはプロ野球に革命をおこしたのであった。。(プロジェクトX風に)

そして、最後に大阪球場と言えばヤジ合戦

阪急に長池という強打者がいた。そん時の南海ファンのヤジ

「なっがいけ どっこいけ あっちゃイケー!」

レフトを守る門田に相手ファンの外野からのヤジ

「おーいっ、門田、ケツ向けるな!ケツ」「門田っ!へーこくなよ」

チビッコファンが多い中、選手をヤジったり時には罵ったりする事は絶対よくない。でもそれはそれで大阪のユーモア、笑いとして皆楽しんでたと思う。

なんせその頃は「いじめ」「虐待」なんて言葉はなかった。ましてや「誰でもいいから人を殺したかった」なんて思う人間はいない、古き良き時代のことやった。

Osaka101

Osaka108

2008年8月17日 (日)

盆休み

世間では5日~1週間ぐらいが盆休み。なのにアタクシの盆休みは昨日と今日だけ、毎年のことやけど。

じっとしててもしゃあないし、一心寺にお参りに行った。さすが盆休みなんですごい人、並んでローソクと線香を買った。線香に火をつけ置こうとしたら、沢山の線香が集まって大きな火になって燃えていた。

まるで命が火のかたまりになって燃えるように。。。

2008年8月16日 (土)

祝ADSL速度変更

最近、ネットの調子がおかしかった。今のアタクシにはインターネットなしでは生きれない。。

いいキッカケで速度変更しよう。朝モデムが着きセッティングする。暑さも伴い汗だくだく。

そしてやっとつながりました!!やったーこれから快適生活!!

2008年8月10日 (日)

すき焼重

あつい、、、。。この言葉しか出てこない。オレの部屋はなんでこんなに熱いんや。熱い太陽の熱を吸収しその熱が部屋の中を充満しているよう。外の方が風があり涼しい。

約束通り、今日も外出許可を取り親父を家に戻した。昼メシ何か食いたいもんあるかと言うと「なんでもええ」と親父は言った。なんでもええということはなんでも食える、ちゅうことか。ものを食えるのは元気なことやと思う。

またまた夕方、高島屋へ晩メシ買いに行った。和食にしょうかなと思ったが、暑い日が毎日続いてるし、スタミナのつくもの。自分が前から食ってみたかったこともあり、柿安のすき焼重を買って帰った。なんと1890円もしてんでぇ。

弁当に限らず食うもんは温かい方が美味い。フタを取ってラップをしてレンジで温めたすき焼重を親父の目の前に置いた。そして以前と同じ、一言も言わず無言で全部食った。

当たり前と思ってやがる

2008年8月 9日 (土)

かどやのころろん

オレの近くにいた客がココロって注文したのにころろんと聞き間違えたオオモリくん。困ったという顔しながら「ころろんいりませんか」と言ってきた。「ええよ、けど今、豚足食ってるしキープしといて」と言った。

それから社長が来て「オリンピック、野口あかんみたいでぇ。かまちゃん代わりに走りぃな」って、、、んなアホな。。。

焼いていた山口さん、「最近、よお来てくれるで(ウッチーのこと)、ほんでよお飲んで帰るわ」と笑っていた。あいつも大分ストレスたまってんかな?

マラソンを通じて知り合った仲間がかどやの常連になってくれる、かどやの店員さんにとっても僕にとっても嬉しい事である。

2008年8月 3日 (日)

蟻ぎりす浜寺3時間走

ここんとこずーっと暑い。でも夏を感じるしょっぱなは8月の最初の日曜日に行われる蟻ぎりすの浜寺3時間走である。

いつものように浜寺駅前で記念撮影し、それからマスターの車から備品を運ぶ、往復するだけで汗がダラダラ。最近は熱中症で倒れる人が増えている、アタクシも気をつけなきゃ。

2周走って休憩、給水と水をかぶる、このパターンで走った。汗が目に入りながらも14周走って最後の1周は歩いた。近所をジョギングするのと風、空気が違うなぁと思った。

打ち上げとなり又勝手に瓶ビールを開ける。そして途中からは又バーベキューの焼き係りになり、みんなで楽しく飲めました。終わってから又マスターの車に備品を運ぶ、皆汗だく。。

マスター今日もお世話になりありがとうございました。

みんなまだ飲み足らず、山田さん、浮田さん、和歌ちゃん、村やん、北得さんと駅前の食堂に入って飲み直し。

山田さんが10,000円置いていってくれ、勘定は9600円、もう一本ビール飲んだら足が出てるとこでした。山田さん、ごちそうさまでした。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

つれづれなるままヨさん

ラン仲間・木庭さんブログ

マニアックス 個性の強い愉快な仲間

無料ブログはココログ

ウェブページ