最近のトラックバック

フォト

« 相乗効果 | トップページ | 玉子かけごはん »

2010年10月31日 (日)

ウルトラセブン第12話

ラン仲間より欠番になっているウルトラセブン第12話「遊星より愛をこめて」がユーチューブで見れると教えてもらった。アタクシ個人としては欠番になるほどの問題はないと思った。気になったのは若い女性が白血球がなくなり死亡する事件が続き、モロボシ・ダンが「原爆症によく似た症状じゃないですか」のセリフぐらいか。

欠番になった理由をWPで調べた。

本放送、再放送では何の反響もなかったが、「小学二年生」の付録にあった怪獣カードにスペル星人の説明として「ひばくせいじん」と記述されていた。このカードを見た女子中学生が東京都原爆被害者団体協議会の専門委員であった父親に相談し、父親は「小学二年生」編集部に抗議文を送った。抗議を受けた円谷プロは謝罪の意を表し、スペル星人に関する資料を公開しないこととした。また、小学館をはじめとする各出版社もスペル星人を扱わないと決めた。この取り決めにより、第12話は自主的に封印されることとなった。

ウルトラセブンの物語は地球侵略者の宇宙人と戦うのが多かった。しかし、人間が平和や進歩の為に行った行為が、他の星の星人を殺したり、傷つけてしまい、戦いになるといったのもあった。キングジョーで攻めて来たペダン星人、超兵器R1号、ノンマルトの使者など。セブンマニアは一番好きな物語に「ノンマルトの使者」を挙げる人が多い。地球の先住民はノンマルトで、人間は侵略行為でノンマルトを海底に追いやったという。そして海底に住んでいたノンマルトもウルトラ警備隊によって破壊される。

ガキで見てた時は何も感じなかったけど、ええ年こいたオッサンになって見て、興味深いちゅうか何か考えさせられるちゅうか、、、そんなけウルトラセブンの物語はクオリティーが高かったちゅうことか。

アタクシが好きなのは、明日を捜せ・700キロを突っ走れ・セブン暗殺計画などなど。キリヤマ隊長かっこよかった。

そして思い出に残っているのはセブンがメトロン星人を倒してのエンディング・ナレーション

メトロン星人の地球侵略計画はこうして終わったのです。人間同士の信頼感を利用するとは恐るべき宇宙人です。でもご安心ください。このお話は遠い遠い未来の物語なのです。え、何故ですって?我々人類は今、宇宙人に狙われるほど、お互いを信頼してはいませんから

でもこのナレーションは現在こう語るべきでしょう。

「このお話は遠い遠い“過去”の物語なのです。え、何故ですって?我々人類は今、宇宙人に狙われるほど、お互いを信頼するどころか傷つけあっているのですから」

« 相乗効果 | トップページ | 玉子かけごはん »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

スペル星人 メトロン星人共夕焼けですな

私の入手した第12話一部入ってなかったのがショックでしたdespair

内容的にはギエロン星獣を欠番にした方が…

コメントありがとうございます。セブンネタ第二段は超兵器R1号にしょっかなあ?それとも??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163021/49895548

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラセブン第12話:

« 相乗効果 | トップページ | 玉子かけごはん »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

つれづれなるままヨさん

ラン仲間・木庭さんブログ

マニアックス 個性の強い愉快な仲間

無料ブログはココログ

ウェブページ