最近のトラックバック

フォト

« スーパーストロングマシンかどやに現れる?! | トップページ | 阪堺線の堺市区間存続決定 »

2010年11月14日 (日)

超兵器R1号

先週の日曜日より久々にネットで見ていた。ウルトラセブンの物語は小学生で見た時は何も思わなかったのにオッサンになって見て、興味深い物語がいくつかある、超兵器R1号もその一つ。

序盤のアンヌのセリフ「地球に超兵器があることを知らせるのよ。使わなくても、超兵器があるだけで平和が守れるんだわ」

放送当時はアメリカとソ連の冷戦時代やと思う。お互い核兵器を競い合っていた。両国ともアンヌと同じセリフを言っていたのか?モロボシ・ダンはそれを「血を吐きながら続ける悲しいマラソン」に例えた。オッサンになりネットで見た時、アタクシは既にマラソンを始めており、血を吐きながらマラソンをするランナーもある意味凄い!と変な解釈をしてしまった。この物語は冷戦時代を思いっきり風刺したとものと最近わかった。

ケンカになった時、「お互い話し合えば解る」と言うのは一番ムズカシイ理想論である。互い言い争って、手を出してしまう。ドツキ合って、シバカレて立てなくなった方が負け、ケンカは終了する。悲惨なのは相打ちとなり両者ノックダウン、どっちも負けもなんてもありうる。

だからケンカに勝つ為“武器”が必要?何が正しくて間違ってるのかワカランようになってきた。

終盤のタケナカ参謀とキリヤマ隊長のセリフ

タケナカ「超兵器R2号が完成したら、地球の平和は絶対に守れると思うかね?」

キリヤマ「しかし、侵略者はそれより強力な破壊兵器で、地球を攻撃してくるかもしれません。」

タケナカ「我々はさらに強力な破壊兵器を作る。地球を守る為に、、」

そして、超兵器R1号の実験場所にギエロン星を選んだマエノ博士のセリフ

「参謀、人間という生物は、そんな愚かな生物なんでしょうか?」

ウルトラセブン放送時から現在に至るまで、人間という生物は進歩したのか?タケナカ参謀、キリヤマ隊長、マエノ博士に聞いてみたい。

参考文献「ウルトラセブンCRAZYFANBOOK」

« スーパーストロングマシンかどやに現れる?! | トップページ | 阪堺線の堺市区間存続決定 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163021/50027498

この記事へのトラックバック一覧です: 超兵器R1号:

« スーパーストロングマシンかどやに現れる?! | トップページ | 阪堺線の堺市区間存続決定 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

つれづれなるままヨさん

ラン仲間・木庭さんブログ

マニアックス 個性の強い愉快な仲間

無料ブログはココログ

ウェブページ