最近のトラックバック

フォト

« 忘れられたオイシイ | トップページ | 加齢臭 »

2011年6月 5日 (日)

ダブルアーム・スープレックス

別名“人間風車”と言えば、ビル・ロビンソン。

小っちゃかった頃から見てたロビンソンはカッコよかった。その頃のプロレスは日本人対外国人。必然的に日本人はベビーフェイス、外国人はヒールとなる。外国人で国際プロレスのエース・チャンピオン、初めてのベビーフェイス第1号はロビンソンである。

不滅の国際プロレスDVDに収録されている、1974,5,26豊田市体育館での白黒8ミリ素材、ビル・ロビンソン、マイティー井上VSセーラー・ホワイト、レーン・ゴルトの試合。画像が悪いが、フィニッシュはロビンソンのダブルアームスープレックス。これを見た時思わず「おーーっ!!」と声が出た。なんとも強烈でスバラシイ!リバースフルネルソンから後方へ投げる、相手の後頭部を叩きつけるまで両手のロックを外さない、それと同時に自分も後ろに回りフォール。カウント、1,2,3!!なんとも芸術的である。今のマット界でこんなにすばらしいスープレックスが出来る選手はいない。当時、ロビンソン34歳、まさに全盛期。後年、ヒザを痛めたが、この時は両膝にパットをしていない。一番強かった時期なんやろ。

WPによるとビル・ロビンソンは現在、UWFスネークビットジャパンヘッドコーチ。日本の高円寺に定住し、骨を埋める覚悟で後進の指導に当たっている。

« 忘れられたオイシイ | トップページ | 加齢臭 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163021/51862916

この記事へのトラックバック一覧です: ダブルアーム・スープレックス:

« 忘れられたオイシイ | トップページ | 加齢臭 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

つれづれなるままヨさん

ラン仲間・木庭さんブログ

マニアックス 個性の強い愉快な仲間

無料ブログはココログ

ウェブページ